pagetop

神谷理研の海外展開

お問い合わせ
採用情報
  1. トップページ
  2. 製品情報
  3. Q&A(よくある質問)

Q&A(よくある質問)

神谷理研に寄せられる、よくある質問をまとめました。
お問い合せの前に、ご参考としてください。

Q めっきは難しいイメージがありよくわかりません。どのようなものですか?
A 水溶液に金属を溶かし、溶けた金属を任意の材料上で薄膜として形成する技術です。 塗装と違い本物の金属膜なので金属特有の優美な外観や導電性、それぞれの金属の持つ特性が製品に与えられます。

Q めっきは環境に悪いのではないですか。
A めっき作業には大量の水と共に多くの化学薬品を使用します。それらの危険性は適切な処理で無害化できます。弊社の管理された排水設備での処理により、使用された水は不純物を取り除かれ入ってきた状態よりきれいになって世の中に戻っていきます。

Q 錆びてしまったオートバイのパーツをきれいにしたいのですが。
A めっき品はめっき処理後に様々な加工が施されて製品となっています。私どもですべてを把握することはできませんので、皆様のお買い上げになった製品の修正は現在取り扱っておりません。同様の理由で市販パーツのカスタマイズなども取り扱っておりません。

Q プラスチックにめっきはできますか。
A プラスチックやカーボン材料へのめっきは弊社では取り扱っておりません。

Q アルミにめっきはできますか。
A 適切な前処理によって大部分のめっきが可能です。1000番、2000番、5000番、6000番、7000番、ADC12へのめっき実績があります。

Q マグネシウムにめっきはできますか。
A 過去量産処理していた事例はありますが、現在は取り扱っておりません。

Q 蒸着はできますか。
A 蒸着(PVD、CVD)溶射、スパッタリングは弊社では取り扱っておりません。

Q アルマイト(陽極酸化)はできますか。
A 航空宇宙部品向け一部スペックのみ処理可能です。

Q 熱処理はできますか。
A めっき後に熱処理可能です。温度は190℃±15℃、時間は最大4時間となります。

Q カニゼンめっきはできますか
A 「カニゼン」は無電解ニッケルめっきの通称で、日本カニゼン社の薬品商標となります。弊社では日本カニゼン社以外の薬品を使用しておりますが、同等品は可能です。

Q 工場を見学することはできますか。
A 見学は随時受け付けております。ただしめっきライン内は皆様の安全のため立ち入ることはできません。詳しくはお問い合わせください。

Q 膜厚指定がないので一般的な膜厚を教えてください。
A 各めっきによって要求される膜厚が異なります。基本的には最終ユーザー様に問い合わせをしていただきますが、使用目的・用途がわかれば同等品でよく使われる規格をご提案いたします。詳しくはお問い合わせください。

Q めっき被膜の硬さを教えてください。
A めっきは非常に薄い金属膜なので測定をしても母材の硬さに大きく影響されます。参考値として各めっき被膜のビッカース硬さはお伝えできますのでお問い合わせください。

Q コストテーブルをください。
A めっき処理の特性上一律のコストテーブルの提示はできません。製品サイズ、要求品質、数量、めっき種類などで試算が異なります。お手数ですが都度お見積りをご依頼ください。

Q 1個しかない部品でもやってもらえますか。
A 試作扱いで割高になりますが、弊社で処理可能であれば少量でもお引き受けいたします。

Q 何日くらいでできますか。
A 数量やサイズ、治具作成の有無で異なります。単純形状・少量品であれば概ね1週間程度でお渡ししております。詳しくはお問い合わせください。

Q 亜鉛ニッケルめっきとは亜鉛めっきの上にニッケルめっきをするのですか。
A 二層のめっきではなく、亜鉛めっき中に1割程度ニッケルを共析させる合金めっきです。合金化することでより高い性能を実現しております。

Q クロムめっきとクロメート処理は、どういう違いがあるのですか。
A クロムめっきは、製品上に金属の被膜を形成します。金属ですので銀白色のめっき被膜です。クロメート処理は、亜鉛めっきや亜鉛合金めっきなどの金属皮膜の上に後処理として、ゲル状の化合物を生成します。こちらは金属ではないため透過色の被膜となります。

Q クロムめっきは、環境負荷物質である6価クロムの溶出がないのでしょうか。
A めっき被膜として生成されたクロムめっきからは6価クロムの溶出はありません。

Q 自動車のヘッドライトが黄色く曇るのは何故ですか。修正できますか。
A 材料のポリカーボネイトが紫外線や熱などで劣化することが原因です。成型後に紫外線硬化塗料でコーティングをしていますが、洗車機や走行中のキズなどでコーティングに割れが発生し、直射日光などで進行します。ご自分で修正・研磨をするとコーティングが取れてしまい黄ばみの進行が速くなりますのでディーラーや専門店にご相談ください。