ISOへの取り組み

ISOへの取り組み

 当社は、2000年3月にISO9002及びISO14001の認証を取得しました。その後、ISO9001:2008及びISO14001:2004にバージョンアップをしております。
 また、2013年12月に、航空・宇宙規格であるEN9100:2009を取得しました。 EN9100とは、一般的な品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001に、航空・宇宙業界に特有の要求項目を追加したもので、航空宇宙産業メーカー等と 取引する際には、必要な規格となっています。
 今後とも「表面処理に於ける技術と品質の向上及び環境改善活動」に向けて社員一同邁進してまいります。

EN9100:2009認証取得範囲

対象:本社工場
航空機用の亜鉛ニッケル合金めっき
EN9100:2009は、ISO9001:2008を含むAS9100C及びJIS Q 9100:2009と同等な規格です。

ISO14001:2004 / 9001:2008認証取得範囲

対象:本社工場及び西テクノ工場
輸送機器関連部品及び電子部品の各種めっき加工、塗装及び自動車・バイク用 ヘッドライトレンズの樹脂成形・ハードコート処理

品質方針

  1. 神谷理研(株)は、お客様のニーズと信頼に応えるため、経営計画に従った品質作りに努める。
  2. 高品質の製品を継続的に供給する為、国際品質マネジメントシステム規格ISO9001:2015、EN9100:2016及び適用される法令・規制要求事項及び当社が従うべきその他の環境関連要求事項に従い、品質マネジメントシステムを運用する。
  3. これらを具体的に実践する為、各部門の長は自部門内に方針を理解させ、品質目標を定め実践し、その達成状況をレビューする。
  4. 品質パフォーマンスを向上させるため、品質マネジメントシステムを継続的に改善する。

環境方針

  1. 神谷理研(株)は、当社の生産活動が環境に与える影響を的確に捉え、環境汚染の防止を実施するとともに、環境活動の継続的改善を推進する。
  2. 環境に関する法律、条例を遵守する。
  3. 原材料(めっき薬品や塗料等)、設備等の調達に際しては、環境保全、資源保護、エネルギー効率の改善を図る。生産設備及び設備のエネルギー消費並びに廃棄物発生の低減に努め、それらのリサイクル化を推進する。
  4. 会社組織の全体が活動できる仕組みを構築し、会社全体及び各部門に継続的な環境改善の目的・目標を定め、環境保護活動を推進する。
  5. 環境保護活動の成果は、環境教育を通じて従業員に周知され、環境に関する意識の向上と環境マネジメントシステムの継続的改善を推進する。

※神谷理研(株)の取り扱う製品は、各種めっき加工品、樹脂成形・ハードコート加工品である。

代表取締役社長  神谷文吾

ページのトップへ戻る