お問い合せ
お問い合せ
Q&A(よくある質問)
製品お問い合せ
採用お問い合せ
資材調達お問い合せ
Q&A(よくある質問)
神谷理研に寄せられる、よくある質問をまとめました。
お問い合せの前に、ご参考としてください。

>> 製品情報
Q クロムめっきとクロメート処理は、どういう違いがあるのですか。
A クロムめっきは、金属クロムを析出させるめっきです。装飾クロムめっきと硬質クロムめっきがあります。また、クロメート処理は、亜鉛めっきや亜鉛合金めっきに化成皮膜として、3価クロム及び6価クロムが皮膜として形成されます。耐食性の向上が目的です。
Q クロムめっきは、環境負荷物質である6価クロムの溶出がないのでしょうか。
A クロムめっきは、使用している溶液は6価クロムを用いています。しかし、析出する皮膜は金属クロムになるため、6価クロムの溶出はありません。
Q ジンロイめっきとはどのようなものですか。
A 荏原ユージライト(株)の製品名で、亜鉛-ニッケル合金めっきのことです。
Q テフロン含有の無電解ニッケルめっきの硬度はどの程度ありますか。
A テフロンの含有量によって、皮膜の硬度が違います。
テフロンの含有量が、25vol%の時、めっき後の硬度は、Hv300程度になります。
また、無電解ニッケルめっきと同じように熱処理をすることによって、硬度が上がります。
350度1時間で、Hv600程度になります。それ以上の硬度が必要になる場合は、テフロンの含有量を減らす必要があります。
Q カニゼン処理とは、どのような処理ですか。
A 無電解ニッケルめっきのことです。カニゼン処理とは、日本カニゼン(株)の製品名です。
Q 部分めっきは、できますか。
A マスキング等を施すことで、可能になります。具体的には、製品の形状やマスキング位置、めっきの仕様をお教えください。
Q 製品の組立て及び代行納入は出来ますか。
A 簡単な組立てであれば、お受け致しております。代行納入についても可能です。
Q 素材の加工からの手配は出来ますか。
A 可能です。(詳細につきましては、お問い合わせください。)
ページのトップへ戻る
Copyright (c) 2006 KAMIYARIKEN CO,.Ltd. All Rights Reserved.